>> [無料]受験相談の詳細はこちら <<
HOME >  成績を伸ばす秘策 > 合格者量産システム
その①

合格逆算システムで”今”から”本番”まで毎日「何をやるか」が一目瞭然に


大手予備校では、カリキュラムが1年間固定で組まれているため、一人ひとりに合わせられないことが問題でした。

これは第一章で説明しました。

そこで、成成予備校は「合格逆算システム」を開発しました。

下の図は、9月から合格を目指す場合の例です。

成成予備校では、「長期継続タイプ」としています。

こちらは、高校2年生の1月から受験勉強をスタートする例です。

成成予備校では、「長期継続タイプ」としています。

精密な「分析」を元に「逆算」して作成する合格スケジュール

「分析」

成成予備校は、誰一人として同じカリキュラムはあり得ないと考えています。

など細かく突き詰めていくと、受験生は一人ひとり違います。
過去の成功例をなぞるようなことはしません。

一人ひとりと真剣に向き合い分析し、足りない基礎部分を全て埋めるところからカリキュラムを組むことにより、本当に必要な勉強を一歩ずつ着実に行うことが出来ます。

「逆算」

分析した結果を用いて、細かく<合格から逆算>し、1日の勉強量まで割り出していくことにより、毎日「何を勉強すれば志望校に合格できるのか」を明確にしました。
なので、受験生のあなたは「今日指示された勉強をやるだけでいい」という状況になるということです。

「システム英単語(参考書名)の301~340を10回発音しながら覚えて下さい」
「青チャートの数Ⅲの171~174の解法をノートに3回書き出して覚えて下さい」
・・・

というようにとにかく具体的に示されるので、その通りにやるだけでいいのです。
つまり与えられた勉強以上のことまでやる必要が無く、質をとことん追求すれば良いということになります。
ここが<逆算>の強みなのです。

指示されたことをしっかりと勉強することで、多くの受験生が合格を勝ち取ってきました。
その実例をご紹介します。

上記は、ほんの一例です。
まずは、「合格逆算システム」を用いて”今年”合格出来るあなた専用合格スケジュールを作成することが必須です。